家計の収支に合わせて保険は加入【保険は大事だからホットケン】

insurance review

銀行の活用

銀行に相続関係の全般的な相談をするのが便利です

銀行はコンサルティング営業に力を入れていますので、相続に関する相談には積極的に応じています。平成27年には相続税の基礎控除が6割に削減されるなど、相続税の増税が実施されましたので、相続税に関心を持っている人が増加しました。そして、相続税の納税準備として生命保険を検討する人が増えていますので、銀行への保険相談も増加しています。銀行に保険相談をすると、保険の提案に加えて遺言信託などのサービスの案内もしてもらえます。相続に関するセミナーを開催している銀行が多いので、そのような案内もしてもらえます。幅広い分野に関する提案が受けられて信頼できるという点で銀行に相続関係の保険相談をすることは便利だと言えます。

遺言信託などの契約は有償ですが保険相談は無料で受けられます

銀行に保険相談をしたり、相続に関するセミナーに参加したりするのは基本的に無料です。銀行は顧客サービスとして相談業務を行っていますので、相談するだけで費用が発生することはありません。遺言信託の契約をする場合には、有償になりますので手数料がかかりますが、保険相談をした結果として保険に加入したとしても、手数料などは発生しません。銀行の紹介によって税理士と契約すると税理士には顧問料を支払うことになりますが、銀行に紹介料などを支払う必要はありません。銀行は保険に加入してもらうなどの金融商品の販売が目的で相談業務に関しては無料で実施していますので、安心して相談ができます。銀行には保険や相続に精通した人が揃っていますので頼りになります。