家計の収支に合わせて保険は加入【保険は大事だからホットケン】

insurance review

保険加入の見直し

保険はどんな時に加入するか

保険は、就職や結婚など生活の中で節目を迎える時が最も加入を考える時期といえます。多くの人がその時期に、死亡保障や医療保障といった将来の万一に備える保険に加入します。保険には、生きている限り契約が続く終身保険と、10年や15年などといった契約期間が決められている定期保険があります。加入の際には、保障の内容はもちろん毎月の保険料の金額なども考慮しながら、本人の希望に沿った保険を選ぶことになります。しかし、人生の節目に加入する保険は、本人を取り巻く状況が変われば当然必要な保障も変わってきます。そこで、契約期間がまだ残っていても、保険見直しが必要になる場合があるのです。例えば結婚して子供が生まれたという場合、一家の大黒柱の保険は独身時代のものでは不十分だからです。

こんな時は保険見直しを

実際、結婚しても独身時代からの保険をそのまま続けている人も多くいます。人に言われて、保険見直しが必要なんだと気付く場合があるようです。生活に責任を持つ家族が増えた場合、死亡保障や入院した場合の医療保険はそれまでより大きな金額にする必要が出てきます。また、反対に保障を抑える場合もあります。例えば、結婚退職して専業主婦になった場合、独身時代に加入した保険の内容が大き過ぎることもあります。そんな場合は、保険見直しをして適切な内容に変更することで保険料を安くすることも可能です。同じように、独身時代に勧められるまま複数の保険に加入した人もよく見かけます。こんな場合も、保険見直しをして現在の家庭事情を考慮し、重複した部分は削除して内容を絞り込むことで家計もスリムになる可能性が大きいのです。